区からのお知らせ


※ご覧のお知らせは過去に掲載された情報です。お間違えのないよう、ご注意ください。 (掲載期間2006年09月21日〜2006年11月30日)
※最新の情報は、画面左上の「すぎなみ」バナーをクリックし、トップページからご確認ください。


注目情報 すぎなみアニメキャラクターは「なみすけ」に決定
5月から7月まで募集を行っていた「すぎなみアニメキャラクター」は、東京藝術大学2年生の五味由梨さんの作品、「なみすけ」に決定しました。

区では地域への愛着を深め、杉並の魅力を発信する「杉並の輝き度向上」運動の一環として、「すぎなみアニメキャラクター」を公募しました。
北は秋田県から南は沖縄県まで、総数281件の応募がありました。ありがとうございました。

厳正な審査の上、幸運にも最優秀賞の座を射止めたのは、五味由梨(東京都在住)さんの「なみすけ」です。

また、特別優秀賞には杜多利香さん(兵庫県在住)の「スピト」、優秀賞には勝見沙智子さん(神奈川県在住)の「タネタ」が選ばれました。

区では今後、受賞3作品を統一性のあるデザインにし、「なみすけ」を区民の皆様と区とをやさしくつなぐキャラクターとして、区政の様々な場所に登場させるなど、区民の皆様と一緒に育てていきたいと考えています。
《画像》最優秀賞「なみすけ」

最優秀賞「なみすけ」
「なみすけ」ってなに?
「なみすけ」は、遥かかなたの海の島に住む恐竜のような妖精です。
ある日、船に忍び込んだことがきっかけで東京湾にたどり着き、故郷に似た緑豊かな杉並区に住み着きました。
背中のひだで空気をきれいにして、仲間を呼べる日を楽しみにしています。

「性格」 好奇心旺盛、ほがらか

「好物」 おいしい空気

「趣味」 散歩、人間観察

        《画像》なみすけ
《画像》特別優秀賞「スピト」

特別優秀賞「スピト」
《画像》優秀賞「タネタ」

優秀賞「タネタ」
【審査員】 ※ 50音順・敬称略

○大野修一 (アニメージュ統括プロデューサー)

○篠田英男 (大垣女子短期大学デザイン美術科教授)

○鈴木伸一 (杉並アニメーションミュージアム館長)

○中野シロウ (play set products 代表)

○バロン吉元 (漫画家・大阪芸術大学キャラクター造形学科教授)

○山口裕子 (株式会社サンリオ ハローキティデザイナー)

■ 最優秀賞受賞者 五味由梨さんのコメント

最優秀賞の連絡を受けて、家族中で驚きました。

受賞の喜びはもちろんありますが、なによりうれしいのはキャラクターが区の中で色々活用されると聞いたことです。

「人を幸せにするデザイン」を心がけてデザインをしています。「なみすけ」を見て、心がなごみ、優しい気持ちになってくれたらうれしいです。
■ 特別優秀賞受賞者 杜多利香さんのコメント

特別優秀賞に選んでいただいて、とても嬉しく思います。

アニメになるかも知れないと聞いて驚きました。
キャラクターが息を吹き込まれて動く様子を想像したりして、わくわくしています。

足の速いキャラクターなので、杉並のまちを走っているところを見てみたいな、と思います。

 
■ 優秀賞受賞者 勝見沙智子さんのコメント

優秀賞をいただきまして、本当にありがとうございます。

「アニメのまち」のキャラクターということを考え、自身の気持ちを童心に戻し、こんなキャラクターがいたら楽しいなというアイディアと小さなタネタがいろいろな出来事に出会い、たくさんの仲間にめぐりあい、次第に大きくなっていく、そんな姿をイメージして、制作しました。

これからも、アニメ産業の発展に協力できるクリエイターになれるよう頑張ってまいります。
 



《原作者・五味さんが語る「なみすけ」誕生秘話》

架空の生き物、ということで、トリなどの生き物を変化させたものなどアイデアを出してみました。

バリエーションを出しているうちに背中に杉の並木があるように見える横長の生き物になりました。

昆虫のような、足が6本の案もありますが、最終的には4本足の動物になりました。


(1) 「なみすけ」は最初トリだった!?

《画像》なみすけ誕生前のアイデア。口ばしと羽があります。
(2) 口ばしと羽がなくなった。脚は6本!

《画像》口ばしと羽がなくなり、脚が6本に増えました。
(3) 背びれが出て、4本脚に

《画像》背中に杉の並木のようなものが。脚は4本に。
(4) 「なみすけ」の原型誕生

《画像》なみすけの原型になりました。
(5) 寝てるとこ。Zzz・・・

《画像》体をまるめ寝ている様子
(6) おしり。

《画像》なみすけを後ろからみたところ。






戻る