生活ガイド

 
暮らしの情報 暮らしの場面

暮らしの情報 暮らしの情報 > 住まいと環境、耐震・不燃化 > 耐震化支援事業

木造住宅の耐震診断 木造住宅の耐震診断


木造耐震化支援の流れ 簡易診断から改修助成まで
簡易診断の後、精密診断(ア.区が派遣する木造耐震診断士による精密診断と改修アドバイス(有料区負担あり)イ.区に登録した特定木造精密診断士による精密診断(区助成あり))の後、耐震改修工事助成

(1)簡易診断(耐震診断士の無料派遣)
 簡易診断は、耐震性に不安がある建物を建築の専門家が調査し、建物の耐震性をおおまかに評価し、さらに精密な診断や耐震の補強が必要か判定します。区に登録している「耐震診断士」を派遣して、簡易診断を無料で行います。なお、結果報告書は申込者あてに郵送します。

【対象】昭和56年5月以前に建てられた木造住宅等を所有している方

【申込み】
申込用紙に必要事項を書いて、郵送またはFAXで、
木造耐震診断士派遣事務局
(〒166-0004 阿佐谷南1丁目14番5号第一栄ビル202 一般社団法人杉並区建築設計事務所協会/FAX:03-6795-5602)へお申込みください。
申込書はまちづくり推進課(区役所西棟3階)区民事務所・駅前事務所、分室図書館にあります。
以下のリンク先ページからもダウンロードできます。

◆ 木造耐震診断士派遣(簡易診断)申込書(申請書ダウンロード)


(2)精密診断
 (1)の簡易診断の結果、精密診断が必要と判断された建物であり、希望される方は、以下のア・イのどちらかの精密診断を受けることができます。区の耐震改修工事の助成を受けるためには、この精密診断が必要です。

ア.区の派遣する木造耐震診断士による精密診断と改修アドバイス(有料・区負担有り)

区の派遣する木造耐震診断士による精密診断は、建物の内外を調査し、耐震性を評価します。壁をはがすなど建物を壊して調査はしません。また、診断結果により、耐震補強を行うための計画案を提案します。
※特殊な構造など、建物によっては、診断できない場合もあります。

【対象】
簡易の耐震診断士の派遣を受けた結果、精密診断が必要と判定された建物
なお、精密診断には、建物の規模に応じ、自己負担金がかかりますのでご注意ください。詳しくは、下表をご覧ください。
建物の規模 利用者の負担額 別に区が負担する額 診断とアドバイスにかかる費用
116平方メートル(約35坪)未満 5万円 10万円 15万円
116平方メートル(約35坪)以上
166平方メートル(約55坪)未満
8万円 10万円 18万円
166平方メートル(約55坪)以上
200平方メートル(約60坪)未満
10万円 10万円 20万円
200平方メートル(約60坪)以上
250平方メートル(約76坪)未満
12万円 10万円 22万円
250平方メートル(約76坪)以上 「診断とアドバイスにかかる費用」から「区の負担額10万円」を差し引いた額 10万円 ※延べ床面積が250平方メートル以上の場合は、建物形状の複雑の度合いに応じて算定します
※増築などにより、別々の構造体になっている場合は、それぞれの建築規模に応じた費用算定になることがあります。

 【申込み】申込用紙は、簡易診断を受けた方に、簡易診断の結果報告書を一緒に郵送します。


イ. 区に登録した特定木造精密診断士による精密診断(区助成あり)

区に登録している特定木造精密診断士による精密診断で、診断にかかった費用の助成が最高10万円まで受けられます。診断の契約前に助成のための申請が必要です。
特定木造精密診断士のリストと下記◆木造住宅精密診断助成対象確認申請書はまちづくり推進課耐震改修担当の窓口にありますので、お問い合わせください。
助成の条件などは次の通りです。
対象 次のすべてに該当することが必要です。
(1)木造住宅等(主要な構造の過半が木造で、昭和56年5月以前に建築された建築物)であること
(2)区内にある木造住宅等の所有者であること
(3)区の実施した簡易診断の結果、精密診断が必要と判断されたもの
(4)区に登録している特定木造精密診断士による精密診断であること。
(5)アの区の派遣する木造耐震診断士による精密診断を申し込んでいないこと。
助成額 精密診断にかかった費用以内かつ限度額10万円
申込方法 耐震診断の契約前に、所定の申請書に関係書類を添えてお申し込みください。
◆木造住宅精密診断助成対象確認申請書
■関係書類
(1)区が実施した簡易診断結果報告書
(2)建築年月が確認できるもの
(3)建物の所有者を確認できるもの
(4)診断費用の見積書
(5)特定木造診断士の登録証の写し
(6)その他区長が必要と認めるもの
その他 ○精密診断の前に、必ず書面による請負契約等を交わしてください。後日、助成金の請求をする時必要となります。

(3)耐震改修工事助成
 精密診断結果に基づいて耐震改修をする場合は、「工事費の一部助成」が受けられます。詳しくは、木造住宅等耐震改修助成のページをご覧ください。


【お問合せ先】
  ・まちづくり推進課耐震改修担当 [TEL:03-3312-2111(代表) FAX:03-3312-2907] 
耐震化支援事業
  耐震化支援事業のご案内 耐震化支援事業のご案内
  耐震相談会(無料) 耐震相談会(無料)
  木造住宅等耐震改修助成 木造住宅等耐震改修助成
  マンションなど木造以外の建物の耐震診断 マンションなど木造以外の建物の耐震診断
  マンションなど木造以外の建物の耐震改修助成 マンションなど木造以外の建物の耐震改修助成
  住宅の耐震改修による税制優遇 住宅の耐震改修による税制優遇
  特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化支援事業について 特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化支援事業について
  耐震対策緊急促進事業(耐震診断義務付け対象建築物に対する国の補助事業) 耐震対策緊急促進事業(耐震診断義務付け対象建築物に対する国の補助事業)